健康食品レビュー 実食したものだけを紹介します

健康食品は世の中に山というほどありますが、自身で実食したクチコミのみをまとめていきます。個人の感想にすぎませんが、評価や比較などにお役立てください。


      にほんブログ村 健康ブログ 健康食品へ このエントリーをはてなブックマークに追加

    コーボン マーベル 525ml


    _SL1500_コーボン(COBON)の天然酵母飲料は、古代日本の発酵食品を造る神秘的存在、善玉菌の天然酵母に着目、昭和25年に健康飲料として完成し、未だに人気のある飲料。
    乳酸菌飲料は腸の短い欧米人向けのもの、酵母でもイーストやビール酵母、酒酵母は量産のため「ひ弱」と断じ、コーボンは天城山の大気中や緑葉樹の葉などから野生の天然酵母を採集して、柑橘類のフルーツに付着・自然発酵させ、菌の増殖、強化、安定、完熟に成功させた、野生から生まれた力強い画期的な天然酵母飲料、と自負している。
    今回、コーボンマーベルは、水またはぬるま湯で6-7倍に薄めて飲んでみたのですが、これを飲んで思ったのはやはりフルーツ由来ということもあるのかわりと甘くて美味しい飲料ではあることで、単価がそれなりに安ければまた使ってみようかな、という気持ちにはなりましたね。マーベルを買い続けるのは難しいだろうけど、通常のコーボンやぬか漬けセット、コーボンみそ、コーボン発酵料理用、梅肉酵母エキス等などラインナップが豊富で、そのへんなら普段買いにいいんじゃないかしらと思いました。コーボン飴、というのも単価が安いながら安心して子供や年配の人に与えられそうだし…

    ちなみに、第一酵母では無料サンプルを結構用意しているようです。サイト等参照。
    単純に味とかそういうことだけじゃなくて、微量栄養素が取れそうだな、というのは成分分析などを見てもらうと非常にわかりやすいですし、残留農薬の不検出等ちゃんと検査をされている(製品付属パンフに明記)のも良いと思いました。

    発酵物の効果については専門の先生がいらっしゃるのでこちらでどうこういうことは避けますが、実質的に生命力とかを高めるのにはとても良いのだと思います。コーボンを作っている第一酵母では「不自然な原料、化学的加工、インスタント生産なものはダメ」といっていますが、いうだけじゃなくて自社でぬか漬けセットやみそを作られているのはいいと思いました。

    食品の壁があるので効能的なものはうたえないのだと思いますが、無添加であること、1年~1年6ヶ月の製造期間をかけていること、熟成がすすみ長期保存も可能という点、栄養バランスが優れている点、などを売りにしていますが、酵素酵母が良いことは普通の人でも他社の万田酵素等でもわかってはいるでしょうし、もう少しPRが上手ならもっと上を狙える商品なのになあ…とは思いました。

    コーボン飴



    コーボン 発酵料理用 550g




    他、ドリンクタイプでもウメ、ぶどう、温州みかん、かりんなどの味が出ています。またパッケージが現代的になったコーボンスリムもあります。
      

      にほんブログ村 健康ブログ 健康食品へ このエントリーをはてなブックマークに追加

    クリスタルガイザー 500ml×48本 [並行輸入品]



    上記リンクはAmazonだが、過去ケンコーコムで買ってよかったと思っているのがこのクリスタルガイザー。日本でも幅広く販売されているが、こちらは米国からの並行輸入品。元々はECサイトの目玉商品的な形で並行輸入した安い商品を販売していたので、私も購入しておいたが、いくつあっても(特に夏場には)困らないので、置き場があればいいと思う。最初、棚に入れたりしたのだが、重みで棚の金具がずれてきたりなどの弊害があったので、床置きにしていた。
     しかし、例の福島の原発事故で乳児には東京都でも水道水の摂取制限が一時期出て、これの価値は一変した。この水は硬水すぎないので、乳幼児のミルクを作るのには問題がない。水の在庫が多いあの時のケンコーコムといえども、一時期は次から次へと欠品する、そんなことが起こっていた。がケンコーコムは、改めて並行輸入品を7万ケース緊急輸入したというのである。そして、購入する人については1本1円募金をCivic Forceへ募金するということを行っていた。国内ではミネラルウォーターの供給増体制をとるように国からの指示が出ているものの、キャップが不統一なこともあって、ボトルの増産にはネックが出ていた。海外からのこのような供給であれば、国内産で増産することが不可能な部分も回避できる。

    震災当時近所のスーパー等では箱買いどころか1本制限などがあることも多く、アジア各国から素性不明な水が輸入されてくることも多いようだが、ネットでこれらを買ったほうが有名ブランドだし、ネット通販では箱買いが流通効率上でも普通のことであるし、まとめ買いで迷惑がかかることも殆どない(震災後流通整備されてから買う分には、近所のお店で買おうがネット通販で買おうが流通経路が違うだけで、流通に与える負担はかわらない)。家にとりあえず安心のミネラルウォーターを置きたい、という人なら、上のクリスタルガイザーを買ってみるのはどうだろうか。味は日本人でも全然違和感を感じ無い、というか正規輸入でコンビニや自販機でも買える国内仕様の市販品ともほぼ同じ味。キャップだけ米国仕様になっている。ちなみに上の48本で2梱包となるかと。

    原発事故で水道水を飲むことをやめた、という人は是非これらをリピートしていただきたい。今ケンコーコムを押さなくなったのは、楽天系に飲み込まれてからケンコーコムでは最近は買ってないからというだけで、別にどこから買われてもいいと思います。都内だと、アマゾン以外でも楽天のココデカウとか、YahooショッピングのLOHACOとかは文具宅配業者なので配達早めだと思いますよ。

      にほんブログ村 健康ブログ 健康食品へ このエントリーをはてなブックマークに追加

    カークランドのB-50FORMULA、米国直輸入の商品ですが、これ含有量が半端なくて、必要量に対してビタミンCは833%、ビタミンB1は3333%というとんでもない濃度。でも、ビタミンは吸収されないぶんはおしっことして出るから、というのでやや安心して飲んでいたのですが、これの弊害としては疲労が蓄積するという部分があって、翌日に飲まないとどっと疲労が出ます。なので平日のみ連用していたのですがそうすると土日がぐったりしてしまうし、金曜にはもう持続力なくなってるなんてこともありました。
    なので、止めようと思いつつも仕事が忙しくて飲み続けていたのですがある日、仕事に行こうと思ったら全身が抵抗するような猛烈な疲労が襲ってきました。 あと顔が張った。動悸も激しくなったので、2時間くらい寝ていました。回復には3日ほどかかりました。

    この商品が悪いというわけではなくて、多分別に糖尿病薬や高脂血症系の薬も飲んでいたりするので、もしかしたら飲み合わせかもしれないので、責めるつもりはありませんが、ただこのビタミン剤を飲んでいない時は少なくともそこまでの疲労感はないので、 これが遠因であろうということは多分に確かです。個人輸入をすればこれらの米国系の強力なビタミン剤は容易に購入はできますし、海外旅行時に購入するなんていう方法もありますが、いざ倒れてみると日本の医薬品は体が壊れない程度で出ているから、良くできてるなあ。と思ってしまいました。

    KIRKLANDは比較的廉価な中では信頼できるブランドとも言われているようですが、これは連用するのではなく「ごくたまに、どうしてもいる時に」使うべきだなと。1日飲んでみると翌日のぶり返し感はあるんじゃないなかなあと思います。ビタミンB系が充実しているのは確かですが、B以外の部分もそれなりに蓄積していくのでよく考えて服用されることをオススメします。

      にほんブログ村 健康ブログ 健康食品へ このエントリーをはてなブックマークに追加
    なんと2013年10月で製造中止になっているとか! 記録として残します。 健養醤油 5g*50袋
    健養醤油 5g*50袋
    その他減塩醤油はこちら

    健養醤油のこのバージョン(袋タイプ)は、刺身に入っている醤油のように小分けにされたパッケージなので、1回ごとに新鮮なものを使い切りやすい。そのため常備しておくには意外に劣化も防げて便利である。なぜこれを使うのかというと、中華料理など塩分の多い食べ物ばかり食べていて食生活的にストップがかかっているというのもあるのだが、通常の醤油がないだけでも、かなり調子がよくなってくる。この商品の利点は塩分1/8だということで、どうやって塩分を1/8にしたのかというと、深海10000mに相当する超高圧力下で熟成させるという新製法により、塩分濃度1.8%を実現したというのだ。ちなみに1/8になっているのは袋タイプのだけで、瓶入りのほうでは1/5である。(下の写真の商品)
    健養醤油 200ml
    健養醤油 200ml
    その他減塩醤油はこちら

    袋のほうが1/8なのでより身体にはよさそうだ。
    煮物・炒め物・つけ醤油に、と製造元は薦めているが、この健養醤油、やや薄味なこともあってか、どうも刺身とだけは相性が悪い。刺身のためには別の低ナトリウム醤油を使って、それ以外の日常食にはこちらの袋ものを使うというのがベストな選択ではないかと思う。ちょっとだけ醤油がいる焼いた魚とか、たまごかけご飯とか納豆にかけるのには、健養で十分だ。

    健養醤油 5g*50袋

      にほんブログ村 健康ブログ 健康食品へ このエントリーをはてなブックマークに追加
    tokai

    糖尿に緑の錠剤、簡易的な対処向け

    健康食品ではなく薬品ですが。糖尿病だっていうことは健康診断で発覚していて、数値があんまりよくなくて、でもなかなか病院に行けない…という時の中継ぎに便利な「糖解錠」。糖尿病用と指定されている2類医薬品です。

    といっても、市販薬には限界があります。絶対に病院には行ってください

    ただ、最終的には病院に行かないと良化までは向かわないので、あくまで病院までの「つなぎ」にすることをおすすめします。私もしばらく2本くらい飲んでましたけど、最終的には病院に行きました(糖の場合は他の数値も連動してくるので、たとえば高脂血症とかでもある場合、合併症が出ている場合等は別の対処が必要なのです、つなぎは一定期間にとどめて早めに医者へ行かれることをお勧めします)。緑の錠剤ですけど光沢のあるタイプだからか、するっと飲みやすいです。病院の薬がキレたときの対処として未だキープしております。

    すぐに飽きちゃう人向けの糖尿の病院の選び方

    なお、糖尿の病院ですが、できれば市内の糖尿病専門医に電話して、予めこのへんを聞いておくといいです。薬を長めに処方してくれるか。通常2週間おきに来院するのが非常に面倒ですよね。都市部にあるサラリーマン等を対象にしている医者などは、1か月まとめて出してくれる場合があります(新薬は一定期間1か月処方がNGなどの条件はあるようですが)。

    【第2類医薬品】糖解錠 370錠

    このページのトップヘ