健康食品レビュー 実食したものだけを紹介します

健康食品は世の中に山というほどありますが、自身で実食したクチコミのみをまとめていきます。個人の感想にすぎませんが、評価や比較などにお役立てください。


    2016年06月

      にほんブログ村 健康ブログ 健康食品へ このエントリーをはてなブックマークに追加
    todown通常のアラプラスについては以前当サイトでも使ってみたが、新たに「糖ダウン」なるものが販売されている。しかも、はっきりと機能がうたわれているではないか。ということで、取り寄せてみた。もともと筆者も血糖値は高く、糖尿病だから必要は感じているのだ。

    この商品、糖を燃焼させてエネルギーに変える力を高めて、高めの空腹時血糖値を正常に近づけることをサポートし、食後血糖値の上昇を穏やかにする新発想のサプリメントなのだそうだ。機能性表示食品(届出番号A148)として消費者庁に届けられている。(機能性表示食品は事業者の責任において特定の保険の目的が期待できる旨を表示するものとして消費者庁長官に届出されたもので、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではない)※臨床試験済

    サンプルとしてあげられている食後血糖値の変化量で、有意にダウンしているとされるデータは「摂取3ヶ月」で実証とのことですので、一番少ないのだと10日分のカプセル販売(310m×10カプセル)がありますが、30日または60日の大きいのを買ったほうが、はっきりと実感できそうですね。

    「アラプラス糖ダウン」(SBIアラプロモ発売)筆者の感想

    まずカプセルなので味はありません。そして、アラプラスと同じく、有意に感じてくるまでは一定の期間を要すると思います。

    この糖ダウンの比較的他と違う対策であるという点は、医者などや従来の民間薬品などで通常の糖に対し行われる対策は吸収をブロックして尿などで排出することに対して、アラプラス糖ダウンはALA(アミノレブリン酸リン酸塩)が、細胞でのエネルギー消費に寄与、基本的には糖を体内で燃焼させることを促すという形の対策となります。

    そのため、一般に病院などに通っている場合最近の新薬でも基本は糖を排出するスタイルなので、こちらは、最近の薬とは真逆なやり方の商品ということになります。

    医者でも運動療法を並行してすすめるはずですから、理論としては燃やすということもわかるのですが、排出系の薬品とのこちらの併用は医師に相談が必要となるかもしれません。

    ということで、まずは単純に「健康診断での数値を改善したいな~」 くらいの、通常で薬品は飲んでないけど気になってる、くらいの人向けの商品ではないかなと思いますね。しかし一応臨床データもありますし、1日1錠程度(摂取目安量)と非常にハードルも低いので、ちゃんとまる90日飲み続けられれば、明らかに変わってくるんじゃないでしょうか。というのを期待したいところです。

    アラプラス糖ダウン30カプセル


    ※上記はAmazonへのリンクですが、30日タイプのみです。まだAmazonにはSBIアラプロモが全タイプを出してないですね。以下公式ショップのリンク→アラプラス 糖ダウンからは60日タイプの販売・定期購入や、まずはお試しの10日タイプも販売されています。

      にほんブログ村 健康ブログ 健康食品へ このエントリーをはてなブックマークに追加
    41Xc1PYmbqL【新健康活力食品】とか歯切れの悪いサブキャッチがついていますが、要は粘膜・皮膚の健康維持をサポートし、味覚を正常に保つために必要な栄養素【亜鉛】を多く含んだエキスです。国産牡蠣を特殊製法でエキスとしたもので、特許もとっているものです。

    カキということもあり、「お酒のお供や今日頑張りたい方にお勧めします」ともあります。

    野口医学研究所は野口英世の業績を記念し国際医学交流促進を目的としたものだが、かなり健康食品を出していて、こんなもの(例:黒マカEX、メンズマカ)にも野口英世が…と、なんにでも利用されている感もあり、むしろがっくり感すら感じるときもあるのだが、実質的な生産は明治薬品が行っている(以前の販売者は野口医学研究所の外郭団体の「インターナショナルヘルスサービス」だったが、現在は明治薬品の名前だけが出ている)商品収益金は米国財団野口医学研究所を通じて国際医学交流に役立てられていると書いてあり、野口サイドはブランド貸し的な意味合いが強いのではないかとも考えられる。別に野口英世が開発したわけではない。

    だが、意外にもカキに関しては特に問題と感じる点はなく、誠意が感じられるなと思った。
    カキは市場に出回っているものは韓国産などもあることから、産地等も気にする人は気にするだろうが、直近に購入したところ、パッケージの片面側だけだが、広島産であることが明記されていたからだ。ユーザーに対しての誠意が感じられるし、別に他の産地が悪いわけではないが、不明なものと違い安心して食べられるのは素晴らしい。ただし製造ロットにや時期によっては産地は違うかもしれないので、保証はできないので注意してほしい。

    低分子カキ肉エキス220g、亜鉛10mg(1日あたり)と書いてある。2粒換算か。亜鉛は1日あたり摂取目安量の143%となる。

    亜鉛は、味覚異常などのほかおしっこのキレなどにも期待が持てるのですが、他にも男性のシモに関してわりと重要なところが。というと何かと思われるでしょうが、精子に関してもまあ良い印象のあるものなのですね。僕はたまたま検査したところ精子運動率がわずかに上昇したりしていました(個人の感想です)。健康食品だとさまざまな亜鉛サプリもありますが、ちゃんとした国産カキ由来の質のよい亜鉛を摂取したい人にはおすすめできるかなあと思います。栄養機能食品となっています。なお、亜鉛はとりすぎると銅の吸収を阻害するので、過剰摂取にならないよう注意が必要。
    ▼単品

    明治薬品 野口低分子カキ肉&亜鉛


    ▼まとめて買う人はこちら

    野口医学研究所 低分子カキ肉&亜鉛 60粒 10個セット

    このページのトップヘ