健康食品レビュー 実食したものだけを紹介します

健康食品は世の中に山というほどありますが、自身で実食したクチコミのみをまとめていきます。個人の感想にすぎませんが、評価や比較などにお役立てください。


    カテゴリ:アミノ酸

      にほんブログ村 健康ブログ 健康食品へ このエントリーをはてなブックマークに追加
    todown通常のアラプラスについては以前当サイトでも使ってみたが、新たに「糖ダウン」なるものが販売されている。しかも、はっきりと機能がうたわれているではないか。ということで、取り寄せてみた。もともと筆者も血糖値は高く、糖尿病だから必要は感じているのだ。

    この商品、糖を燃焼させてエネルギーに変える力を高めて、高めの空腹時血糖値を正常に近づけることをサポートし、食後血糖値の上昇を穏やかにする新発想のサプリメントなのだそうだ。機能性表示食品(届出番号A148)として消費者庁に届けられている。(機能性表示食品は事業者の責任において特定の保険の目的が期待できる旨を表示するものとして消費者庁長官に届出されたもので、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではない)※臨床試験済

    サンプルとしてあげられている食後血糖値の変化量で、有意にダウンしているとされるデータは「摂取3ヶ月」で実証とのことですので、一番少ないのだと10日分のカプセル販売(310m×10カプセル)がありますが、30日または60日の大きいのを買ったほうが、はっきりと実感できそうですね。

    「アラプラス糖ダウン」(SBIアラプロモ発売)筆者の感想

    まずカプセルなので味はありません。そして、アラプラスと同じく、有意に感じてくるまでは一定の期間を要すると思います。

    この糖ダウンの比較的他と違う対策であるという点は、医者などや従来の民間薬品などで通常の糖に対し行われる対策は吸収をブロックして尿などで排出することに対して、アラプラス糖ダウンはALA(アミノレブリン酸リン酸塩)が、細胞でのエネルギー消費に寄与、基本的には糖を体内で燃焼させることを促すという形の対策となります。

    そのため、一般に病院などに通っている場合最近の新薬でも基本は糖を排出するスタイルなので、こちらは、最近の薬とは真逆なやり方の商品ということになります。

    医者でも運動療法を並行してすすめるはずですから、理論としては燃やすということもわかるのですが、排出系の薬品とのこちらの併用は医師に相談が必要となるかもしれません。

    ということで、まずは単純に「健康診断での数値を改善したいな~」 くらいの、通常で薬品は飲んでないけど気になってる、くらいの人向けの商品ではないかなと思いますね。しかし一応臨床データもありますし、1日1錠程度(摂取目安量)と非常にハードルも低いので、ちゃんとまる90日飲み続けられれば、明らかに変わってくるんじゃないでしょうか。というのを期待したいところです。

    アラプラス糖ダウン30カプセル


    ※上記はAmazonへのリンクですが、30日タイプのみです。まだAmazonにはSBIアラプロモが全タイプを出してないですね。以下公式ショップのリンク→アラプラス 糖ダウンからは60日タイプの販売・定期購入や、まずはお試しの10日タイプも販売されています。

     

      にほんブログ村 健康ブログ 健康食品へ このエントリーをはてなブックマークに追加
    ※内容を更新しました。
    37

    郷ひろみがアラプラス連呼するCMでおなじみ


    銀行や証券など総合的な事業展開を行っているSBIグループが手がけている健康食品「アラプラス」。郷ひろみが歌うCMでは見るものの、放映してる時間帯もSBIが持ってる枠中なのでターゲットに届くかは微妙で、どこで売ってるんだろ、と思っていたのですが、SBI証券を使っていたら、バナーにアラプラスのアンケートが。これは多分当たるだろうと思って応募したら案の定当たりました。

    ALAの名前の理由は5-アミノレブリン酸


    アラプラスは名前からするとなにか魚のアラでも使ってるのかしら…と思ってしまいますが、実際は『ALA(5-アミノレブリン酸)』を指しています。要はアミノ酸の一種である『ALA』に何か秘められていると。ただタンパク質の材料になるものではなく、体内のエネルギー生産や効率的な利用に深く関わっていると(同封パンフレットのSBIファーマ神戸研究所の開発者の寄稿より概要抜粋)。

    農業で驚異の結果が出た


    まず農業で利用してみたところALA入り液体肥料を使い植物を育てたところ驚異の結果が出たんだそうです。まあこういう(植物活用)は、万田酵素と同じような利用のされ方ですね。で、かつては金やプラチナよりも高価格だったALAが、現在は発酵法を利用することで安定的に製造できるようになったと。

    ALAは食材からも取れるのですが(ワイン、ロイヤルゼリー、緑黄色野菜、高麗人参など)5mgを摂取するためには高麗人参で2.1kg、黒酢からだと1.9Kg、ワインからだと1.6Kg、生ロイヤルゼリーからだと0.7Kgも取らないとそれに相応しません。そのため、大量の食品を取らなくてもいいようタブレット化をしたのだそうです。また、鉄などのミネラルがALAをサポートするものとして発見され、そのために効率よくALAとミネラルを摂取できるこだわりの配合をするようになったそうです。また、(肌の健康維持を考え)ビオチン入り、(年齢に負けない若々しさのために)コエンザイムQ10入りとそれぞれ目的にあわせた商品も開発されたのだそう。

    化粧品まで展開されているが…


    錠剤は「アラプラス CoQ10」「アラプラス ビオチン」の他、ALA量を倍配合した「アラプラス ゴールド」、通常のサプリとして袋入りの「アラプラス」、スキンケアとして「アラプラスエッセンシャルローション」「アラプラスモイスチャライジングクリーム」まで展開しているようです。

    ただ、基本的には微生物発酵させているとはいえ、グルコースとグリシンから作られているものなので、わりと僕はグリシンあたりは(いわゆる寝付き系の健康食品等で)普段からそのへんは取ってたりするのですが。僕も45粒の全部飲んでみましたが、その時は確かにちょっと元気になったような気もしましたが(個人の感想です)、ユーザーからは主に「肌・化粧のりや荒れ、かゆみ、朝スッキリ、冷え関係」など、健康的な改善イメージも少しはあるんですが、全体にはややお肌寄りの感想が中心に上がっているようです。

    まあ飲まないよりはややどこか元気になってるのかな? もしかしたら底力が出てるのかなあといった感想でした。忙しい時期だったのでプラシーボかもしれませんが。もう少し長期で飲んでみないとわからないですね。SBIの社員の人や、優待を受けている株主はアラプラスを体験する機会が多いかと思いますので、彼らの健康度合いを観察してみると、実態としての効果はよくわかるのかもしれません。

    個人的にはアラプラスっていう名前が損してるなと思うのと、スキンケア2品をモンドセレクションに出すのはどうなんかなとは思いますが、品質イメージの向上にはなるんでしょうかね? たとえば健康食品他社(わかさ生活)もモンドによく出してますが…

    疑問視する人は45粒1袋、期待する人は3袋セットあたりで


    ということで、最初は錠剤の45粒でいいんじゃないでしょうかね。価格的にもお試しやすい2千円台です。それで良かったらいろいろ試してみるとかで。
    amazonでも売っています。効果があるかどうか見たい人は、amazonに3袋セットがありました、このくらいきっちり利用してみれば、ALAもかなり入っていきますので、役に立ったか判断もつくんじゃないでしょうか。

    アラプラス 45粒


    ▲45粒袋入り 

    アラプラス 45粒入り 3袋セット


    ▲45粒×3袋セット

    なんでしょうね、買いやすいAmazonで売ってるのはいいと思いますが、バラマキでも体験系アフィリエイトでもAmazon Vine提供でもなんでもいいので、きっかけになるようなことをもう少しやられたほうがいいんじゃないですかね。買うに至るにはやっぱり理由がいるので…。

    海外展開もしていていて、株主優待での入手も可能


    ちなみに海外展開もしているようで、ヨルダンなどでもALAの関連健康食品を売っているようです。また、SBIファーマはいろいろと研究を行っています。こういうのとか。

    なお、SBIホールディングスの株主優待でも「アラプラス」等の引き換え申込券が貰えるようですので(※投稿時時点。予告なく変更される可能性はあり)、100株ほどSBI HDの株を買ってみるとイイのではないでしょうか。SBI自体は銀行・証券・生保があるのでそうそう大変なことにはならないと思いますし。

    このページのトップヘ