健康食品レビュー 実食したものだけを紹介します

健康食品は世の中に山というほどありますが、自身で実食したクチコミのみをまとめていきます。個人の感想にすぎませんが、評価や比較などにお役立てください。


    カテゴリ:生活改善

      にほんブログ村 健康ブログ 健康食品へ このエントリーをはてなブックマークに追加
    419N78BzEZLサプリ生活は、テレビ通販(QVCジャパン)、ラジオ通販(ラジオNIKKEI)などを中心に展開するサプリ専業のメーカー、アンフィニプロジェクトのブランドです。同社はサプリ生活ブランドで「グルコサミン+コンドロイチン」「DHA+EPA」「ビルベリー+ルテイン」「マカ スーパープレミアム」「ウコン王国 プレミアム」およびそれらの分包タイプ、他口腔ケアサプリの「香臭生活」、スポーツ補給サプリ「燃焼生活」、「美すっぽんゼリー」「OBATA式酵素」などを販売しています。通販専業かとおもいきや沖縄支社もあり、主に西日本・沖縄ではショッピングセンター(スーパー)やコンビニにも入れたりして(少し古いデータなので現在でもそうかはわかりませんが)、多少販路が広いようです。

    なぜこれを私が飲むことになったかというと、別にやっているブログで「ソーシャルレンディング投資ガイド」というのを書いてるんですが、ここで投資しているなかの1つ「スマートエクイティ」(AIP証券のクラウドファンディング。社債中心)において「サプリ生活ボンド」というここの社債が出ていたからなのですね。申し込んだ特典として、もらったというわけです。

    これを選んだのは目のために。一日中モニター画面ばかり見てると割と見えにくくなったりして結構困ることも多いからです。いちおうガイドラインとしては1日1粒なので、飲むのも簡単です。31粒、という数が1ヶ月ちょうどになるような配慮は通販商品ならではですね。

    原材料にはビルベリーエキス180mg、ルテイン(マリーゴールド抽出物)30mg、アスタキサンチン(ヘマトコッカス抽出物)3mgが入っており、ビタミンAも含有しています。飲みやすいサイズの粒でした。
    メーカーが言うには☆食品保健指導士の考案商品である ☆国内製造(GMP工場にて) ☆良質な成分・含有量 ☆お求めやすい価格の実現 だそうです。

    確かに通販商品として考えた場合にはそんなに高くないかなという気はしますね。
    HPを見ると社員が8名なので、食品保健指導士をとったとも書いてあるので社長考案なのかな、という気もしますが…。

    「グルコサミン+コンドロイチン」「DHA+EPA」あたりは当然ながら売れ筋のようで、「ビルベリー+ルテイン」は若干傍流商品なのかもしれませんが、僕としてはこれを現在進行形で飲んでいます(1ヶ月で無くなります)。
    社歴は長めなので、どこだか素性もわからない会社ということがなく、社長も顔出ししていますから心配せずに飲める点はいいと思いますね。(逆に通販の上ではワンマンイメージもつくので、社長だけが出るのはプラスかマイナスか微妙になるかと思いますが)

    栄養成分表示は1粒(660mg)あたり‥エネルギー3.87kcal たんぱく質0.18g 脂質0.27g 炭水化物0.18g ナトリウム0.10mg ビタミンA256μg だそうです。

    Amazonやケンコーコムなどでも実質的にそんなには変わらない値段で販売されていますね。

    サプリ生活 ビルベリー ルテイン 31粒


     

      にほんブログ村 健康ブログ 健康食品へ このエントリーをはてなブックマークに追加
    image生酵素という名前の商品は似たようなものが複数販売されており、ネット通販では主にメジャー系のサイトで扱われています。なかには微妙に効果を謳うグレーなものもありますが、こちらヴェリル社の商品は、わりと地味目なアピールです。商品名・生酵素、通称「生酵素312」は、312種類の植物発酵エキスと5種類の植物オイル(ココナッツ・アボカド・エゴマ・ヘンプシード・亜麻仁)、コエンザイムQ10を配合しているものです。国産を売りにしているのは、インバウンド観光客の爆買い需要を考えてのことでしょうか。といっても今食べ物で国産を売りにしてもプラスになるのかというと、震災以降疑問もあります。

    品目は非常に多く、以下のようなものが入っているようです。(↓写真クリックで拡大)
    image


    しかし、これだけ発酵物材料が多いということは、1つあたりはかなり微量であることは予想されるので、どれだけの意味があるのかというと、なんとも言えないものがありますね。また、季節・収穫時期によって使用する材料が変更されることがありますという、幅の余地を残しており、それゆえに必ずしもこれが入っているという保証が得られないのが微妙ではあります(こちらは製品上の原材料欄ではなく、植物発酵物1~3の中身というところがミソです)。費用対コスパでいえば、これだけの中身があるのは立派なのですが。

    原材料名は、以下のようになっていますが、(↓写真クリックで拡大)
    image
    こちら法律の絡みで多い順に掲載されているはずなので、このへんのものが含まれる率が多いのでしょうかね。

    特に味に癖もありませんでしたが、安くもらえたら食べるかな、という感じですね。保存は長くきくようで、結構な先の期限が設定されていました。酵素としては、きつめな味がないので、他の酵素の独特感がきついなあという人向けでしょうか。流通的にはネットでも大手系ドラッグストアのネット店舗にも流れているようです。

    ヴェリルは位置的には東京ミシン会館あるいはその隣接地にあると推定されますが、HPを作られていないので、情報が少ないですね。健康食品はOEMしてくれる会社もありますので、OEMの可能性はあると思われます。いろいろ調べたところユナイテッド エフ・ビー・エス(UNITED FBS)(サプリ・化粧品などのOEM製造会社)の関連会社のようです。逆にははっきりわかってスッキリしましたが、ヴェリルブランドでもちゃんとHP立ててほしいですね。

    生酵素 312 (300mg×60粒)


      にほんブログ村 健康ブログ 健康食品へ このエントリーをはてなブックマークに追加
    lifediaこちら定価ベースでは結構な価格帯の健康食品(栄養機能食品)です(栄養補助食品表記しかないVer.もありますが)。僕は飲み飽きた知り合いに貰いました。精製魚油・イチョウ葉加工食品です。DHAのため、DHAというと魚嫌いの人や受験生などに勧められていますが、DHA自体は人体では脳、目の網膜、母乳に存在しているのだそうです。この商品はマグロの眼窩脂肪組織から精製した魚油にイチョウ葉エキス、大豆レシチン、リコピン、ベータカロテン、ビタミンEなどを加えたもの。推していませんがEPAも6粒中39gほど含まれています。パッケージが緑色のバージョンではダイヤ型のカプセルでしたが、メーカーでの青パッケージの場合は丸カプセルのようです。ダイヤをイメージするととんがってて不評だったのかな? イチョウ葉は他社でもサプリとしてよく提供されていますが、認知機能等について認識を広げたい人にイチョウ葉は人気のようで、血流改善をしたいようなお年の方にはサプリはよく飲まれているそう。受験生に勧めているのもわかるかな。でも実際に必要なのは結構なお年の方なんじゃないでしょうか。

    ただアレルギー物質であるギンコール酸の扱いについては、ある程度除去されているのかがネットでデータが見つかりませんでした。楽天の直販店「いきいきメディカ」によれば、イタリア・インデナ社のイチョウ葉エキスギンコセレクトを100%使用しているとのことで、さらにメーカーに問い合わせたところ、インデナ社のイチョウ葉エキスでは製造段階でほとんどが取り除かれており、ギンコール酸の残存量の規格:5ppm以下となっているそうです。5ppmはドイツの品質規格基準と同率だそうです。特にこちらでは1瓶のみきって問題はなかったです。カプセルは通常噛むものではありませんが、一応ためしに噛んでみると魚の油の味と、フラボノイドっぽい味がしました。イチョウのキツイ感じはないですね。通常はカプセルそのまま飲むため無味無臭です。

    ちなみに、国民生活センターに「イチョウ葉食品の安全性」の報告資料があるそうです。この商品は含まれていませんが、比較はできそうですね。(リンク先PDFの開く環境が必要です)http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20021125.pdf

    ライフダイヤ(180粒)健康の質の向上に!!

      にほんブログ村 健康ブログ 健康食品へ このエントリーをはてなブックマークに追加
    41Xc1PYmbqL【新健康活力食品】とか歯切れの悪いサブキャッチがついていますが、要は粘膜・皮膚の健康維持をサポートし、味覚を正常に保つために必要な栄養素【亜鉛】を多く含んだエキスです。国産牡蠣を特殊製法でエキスとしたもので、特許もとっているものです。

    カキということもあり、「お酒のお供や今日頑張りたい方にお勧めします」ともあります。

    野口医学研究所は野口英世の業績を記念し国際医学交流促進を目的としたものだが、かなり健康食品を出していて、こんなもの(例:黒マカEX、メンズマカ)にも野口英世が…と、なんにでも利用されている感もあり、むしろがっくり感すら感じるときもあるのだが、実質的な生産は明治薬品が行っている(以前の販売者は野口医学研究所の外郭団体の「インターナショナルヘルスサービス」だったが、現在は明治薬品の名前だけが出ている)商品収益金は米国財団野口医学研究所を通じて国際医学交流に役立てられていると書いてあり、野口サイドはブランド貸し的な意味合いが強いのではないかとも考えられる。別に野口英世が開発したわけではない。

    だが、意外にもカキに関しては特に問題と感じる点はなく、誠意が感じられるなと思った。
    カキは市場に出回っているものは韓国産などもあることから、産地等も気にする人は気にするだろうが、直近に購入したところ、パッケージの片面側だけだが、広島産であることが明記されていたからだ。ユーザーに対しての誠意が感じられるし、別に他の産地が悪いわけではないが、不明なものと違い安心して食べられるのは素晴らしい。ただし製造ロットにや時期によっては産地は違うかもしれないので、保証はできないので注意してほしい。

    低分子カキ肉エキス220g、亜鉛10mg(1日あたり)と書いてある。2粒換算か。亜鉛は1日あたり摂取目安量の143%となる。

    亜鉛は、味覚異常などのほかおしっこのキレなどにも期待が持てるのですが、他にも男性のシモに関してわりと重要なところが。というと何かと思われるでしょうが、精子に関してもまあ良い印象のあるものなのですね。僕はたまたま検査したところ精子運動率がわずかに上昇したりしていました(個人の感想です)。健康食品だとさまざまな亜鉛サプリもありますが、ちゃんとした国産カキ由来の質のよい亜鉛を摂取したい人にはおすすめできるかなあと思います。栄養機能食品となっています。なお、亜鉛はとりすぎると銅の吸収を阻害するので、過剰摂取にならないよう注意が必要。
    ▼単品

    明治薬品 野口低分子カキ肉&亜鉛


    ▼まとめて買う人はこちら

    野口医学研究所 低分子カキ肉&亜鉛 60粒 10個セット

      にほんブログ村 健康ブログ 健康食品へ このエントリーをはてなブックマークに追加
    mg28

    強く生きたかったのに販売終了

    明治系のナイスデイ(現:明治ナイスデイ)が通販するMG28ですが、まあはっきりとしたことは言わない健康食品の中でも、特にドリンクヨーグルト系で新しい期待できる乳酸菌の開発に余念のない明治ですからなんらかのプラスな働きは期待できそうに思えます。

    ちょうどアラプラスと併用していた時期だったのでどちらがどのように働いた結果なのかわかりませんが、飲んでいる期間内はそこそこ調子がよかった印象です。MG28のほうは基本的には腸内環境を元気にしていく、外敵を迎え撃つ腸内でそれが元気であることが大事というコンセプトで作られている商品で、「実感した」人の中の9割以上が3ヶ月位続けた人だという感じですので、1ヶ月続けた程度ではその実感は半分強くらいの人なんでしょうが、そこそこは良かったように思えました。

    通販リピート用のDM等では、一緒に乳酸菌を増やし腸内環境を促進する『オリゴ糖』の「メイオリゴW」を薦めてくるのも、理にかなってるというか。

    【追記】明治ナイスディの運営する「ウェルネス」で10-11月にかけて、商品整理があり、販売終了してしまいました。13年4月スタートで当初から通販限定でしたので、商品寿命は2年半ということになります。利用していた方はこういう形で販売終了してしまうのは残念ですね。より入手しやすい一般商品などに転化してくれればいいのですが…MG2809の名前でサプリでも販売されていたことがありますが、抵抗力や花粉、子宮内膜症などいろいろ期待されていたのに残念ですね。

    リリース:http://meiji-wellness.jp/shop/news/news20151005.html

    代替品というか、同じ乳酸菌、MG2809利用の牛乳にまぜて栄養をとる「栄養スムース」という商品は2014年から引き続き発売されているようですね。

    明治 栄養スムース ヨーグルト味 130g


    このページのトップヘ